株式会社イズミテクノ

0266-23-6000

お問い合わせ
株式会社イズミテクノ

新着情報

☁空飛ぶ泥船☁

News

2020年12月7日

今年もあとわずかになりましたね☺☺

皆さんはどんな一年になりましたか?!

今年はコロナ、コビット19、消毒、三密、マスク。。。こんな言葉ばっかりで本当に心から嫌になりますね”(-“”-)”

 

さてさて…♡

今回ご紹介したいのが、この『奇想天外!有名建築家が造った諏訪に浮かぶ茶室』を紹介したいと思います(^_-)-☆

なんともアニメに出てそうな、UFOのような可愛らしい♡

よくこのワイヤーで支えていますね( ゚Д゚)!!

これは実は茶室なんですって♡

茅野市出身の建築家・藤森照信氏が個人的に茶室が欲しくなり設計、建築したもの。

江戸東京博物館の館長をしている様です。

4本のワイヤーで吊り下げられており、地上約3.5mに浮かんでいます。

茅野市にある3つの『フジモリ茶室』のひとつだそうです。

そしてこちらも!トムソーヤの大冒険のハックが住んでそうな建物ですね~(‘ω’)ノ

こちらは栗の木の上に乗った、地上6mにある世界で最も危険な茶室『高過庵(たかすぎあん)』。

アメリカのtime誌に『世界で最も危険な建物トップ10』に選ばれたそうです!!

『たかすぎ』『ひくすぎ』の位置にあることから名付けられたそうです。

よくこの細い木で支えていますね!!すごいです!!

そしてこちらは、地中に埋まるような『低過庵(ひくすぎあん)』。

地上からは屋根しか見えず、地中に埋まるようにある低過庵が一番新しく2017年の建築゙フジモリ茶室の3部作。

2段造りになった屋根の上部だけが横に水平スライドして、青空を見上げながらお茶を楽しむこともできるそうです♡

 

『空飛ぶ泥船』『高過庵』『低過庵』いずれも通常は外観のみ見学が可能ですが、定期的に内部見学ができるみたいですが、ガイドツアーが開催されているようです。

かなりの競争率ですぐにいっぱいになってしまうので、興味のある方は早めの予約をした方がいいみたいですよ(●´ω`●)

 

 

こんな面白い松もありました!

 

もし近くを通った時にでも見に行ってみたらどうでしょう!?☺

 

 

 

新着情報一覧へ

TEL. 0266-23-6000

FAX. 0266-23-9210

Language